teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ソ連共産党の歴史は「語呂合わせ」にあふれていた。

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年10月28日(月)00時00分11秒
返信・引用
  ソ連共産党の歴史は「語呂合わせ」にあふれていた。

http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/32/211.html

マルクス経済学の大好きな東洋のこの国は、

消費税導入を、マルクスの誕生日と一致させた。

( http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0102/5/180.html )
 
 

続・くじらがくれたもの

 投稿者:みつか  投稿日:2009年 4月 1日(水)23時27分14秒
返信・引用
  の誰かをこれほどまでに深く、愛すること
の凄まじさ、自分を犠牲にしてまでも愛したい、という狂気にも似た純
粋さが潜んでいる。
山崎が原爆投下のボタンを押す時の言葉こそが、その狂気にも似た純粋
さを表しているといえよう。
「たとえ我が名が忌み嫌われ、我が祖先が奈落に突き落とされ、その業
火に焼かれ、悶え苦しみ、のたうちまわる
宿命を背負わされようとも、私は誇りを持って広島に原爆を投下するの
であります。誇りを持って四十万広島市民を
虐殺するのであります。私は最も愛するもの、私がこの世に生をうけて 見出した無垢なるものの命、何ものにも代え
難いあなたと引き換えにして広島に原爆を投下するのですから。真に愛
するものを自らの手で葬り去り、日本の未来を問うのでありますか
ら・・・」
山崎は、故郷広島へ夏枝を出向かせ、広島市民と共に虐殺することで自
ら罰を与え、自害する。
しかし、夏枝は広島へ行かなかった。戦後、山崎の部下が夏枝を責め立
てる。
「どうして、広島に行かなかったんですかっっっ!!!」
山崎の想いは夏枝に伝わったのだろうか?夏枝には彼の残した日本とい
う国を作り直していく責任があったのかもしれない。彼を、山崎をエノ
ラゲイの乗組員にさせたのは夏枝なのだから。
ラスト、二人は出会い、走り寄る。しかし、抱き留めることもなくすれ
違ってしまう。
愛は狂気に似た純粋さである
 

くじらがくれたもの

 投稿者:みつか  投稿日:2009年 4月 1日(水)23時26分11秒
返信・引用
  広島に原爆を落とす日
作者 つかこうへい
演出 いのうえひでのり
キャスト 男7女4くらい
主演は稲垣吾郎と緒川たまき

あらすじ/
1944年、白系ロシアの混血であるが故に海軍作戦参謀本部から南海の孤島に追いやられた男、ディープ山崎少佐は、日本が戦勝国となった時、敗戦国の子供らに与えるべき納豆を作り続けている。
しかし、彼は来たるべきデモクラシー、そして、愛する女、夏枝への思いを断ちきれずに鬱々として日々楽しまない。
一方、その頃夏枝は、大本営敗戦処理班の密命をうけ、アメリカの原爆投下地点をドイツに仕向けるべく、単身ベルリンで工作中であった。ナチス総統、アドルフヒトラーは何人にも感じたことのない愛しさをこの女に感じ、この無垢なる女と山崎との逢瀬の為に、自身はドイツ第三帝国と共に滅びの道を選ぶ。
しかし、悪魔の光を放つというその呪われた原子爆弾の投下ボタンを押せる人間が果たしてこの世界に存在するのであろうか。正気の人間ならば、ボタン一つで数十万人もの人間を殺戮できるはずはないのだ。
1945年、アメリカは焦っていた。人類初の原爆投下国としての汚辱から免れるべく、コンピュータがはじきだした原爆搭載機B29エノラゲイの乗組員の名は、日本海軍102師団ディープ山崎少佐、その人であった。

劇評的な稲垣演じるディープ山崎の複雑な境遇、緒川たまき演じる夏枝の山崎への想い、戦時下のさまざまな思惑がそんな二人を虐げ、引き離そうとする。
しかし二人は世界を、さらには全世界の人間をも巻き込んで愛を貫くのだ。
ヒトラーは夏枝と山崎の逢瀬のためにドイツを滅ぼし、山崎は自分の夏枝に対する想いを原爆投下のボタンへと託す。このある意味エゴに満ちた行為の裏には人を愛すること、自分以外
 

enjiの…

 投稿者:かさの  投稿日:2009年 3月29日(日)21時38分18秒
返信・引用
  『オール・ヌード』と『heart BEAT』なんですが、脚本を取り寄せられるか劇団に問い合わせたところ送ってもらえることになりましたヒラメイタ!
4月7日までには間に合いそうなので話し合いにはもっていけると思います台風
 

(無題)

 投稿者:かさの  投稿日:2009年 3月28日(土)00時27分33秒
返信・引用
  この前よさそうって書いたenjiの作品一応あげときますヒラメイタ!=3

『heart BEAT』
作:谷藤太

キャスト:男7人、女4人

リンゴあらすじリンゴ
重度の心臓病を煩った五十嵐は、生への一縷の望みを移植コーディネーターだった弟、智也にたくす。
智也は身勝手な兄の言動に移植を躊躇するが引き受けてしまう。なんとか一命をとりとめた五十嵐は、闘病時に思い描いたフリースクールの経営を始める。順調に思えた生活だが、五十嵐には奇妙な副作用があらわれる。それは移植した心臓の持ち主であるユウコの声が聞こえてくることであった。
そんな折、フリースクールにユウコの家族が訪れる。何も知らない家族はユウコの死からおかしくなってしまった弟ダイスケを入学させてほしいと頼んできたのであった。副作用が悪化し、次第にユウコに支配されるようになってしまった五十嵐は、智也からすべての真実を知り驚愕するが、とても信じられず心の声に耳を傾けることができない。偶然、事の真相を知ったダイスケは五十嵐を襲い、姉の復讐をしようとする。五十嵐はユウコに支配されてしまうのか、家族の運命は?
 

一応載せておきます~ヒヨコ

 投稿者:坂本  投稿日:2009年 3月24日(火)12時38分40秒
返信・引用
  劇団office PEACE MAKER

「BRAND NEW WORLD」

チューリップあらすじチューリップ

2012年。
数々の特許を持つグローバル企業プロパトール・ヌース社。
その創立者淵東紀弥(えんどうのりや)博士は、独自の宇宙工学と科学技術を生かし世界初の民間企業有人宇宙船「BNW―EX」を建造することに成功。
これによって宇宙は今まで以上に一般人に身近な存在となり時代はまさに第二次宇宙開拓時代となっていく。
この記念すべきBNW―EXに乗れるのは抽選によって選ばれる男女10人。
この画期的な企画は世界中に一代センセーションを巻き起こした。
極秘裏に進められた抽選。
選ばれた乗組員たち。
そのベールがはがされたときこの宇宙船の真の目的が明かされる。
「貴方たちは運によってこの船に乗り込みました。
しかしそこより先に進むには、命を懸けた意思決定が必要です」
すべての人類の運命を握った10名の命を懸けた選択が今始まった…。
それぞれの正義とそれぞれの葛藤が交錯する中、新世紀の扉が開き始める。

大まかにいうと、
未来予想不可能なサイエンス・フィクション。
そして、新しい時代に生きる人々に贈る運命と選択の物語。
って感じです。

キャストは12人で女5人、男7人。
キャストはそれぞれ個性がある感じです。皆全く職業が違ったり..みたいな。


でもこの劇団についてまだよくわからないし,評価とかもされていなくて微妙です。

公式ホームページはhttp://opm-web.com/です。

あんまオススメはしないけど一応載せておきます。

長文失礼しました×o×雷
 

(無題)

 投稿者:ひが  投稿日:2009年 3月24日(火)00時41分36秒
返信・引用
  明日は申し訳ないけどいけないのでここに。

「幽霊はここにいる」

戦争が終わった混乱の空気が色濃く残る町が舞台。ひとりの詐欺師(伊原農)が、そこで朴訥とした男(多根周作)に出会うところから話は始まる。その男には幽霊が見え、今も連れて歩いていると聞いた詐欺師は、ひともうけ企む。そして、幽霊の身元を捜すめため、死んだ人間の写真を買うという商売を始めるのだが、これが大当たり。だが、やがてそれは詐欺師のもくろみを超え、町中を混乱させる事態に発展して……というもの。リアリティがあるような、ないような、不思議な空気をはらみながらも、身勝手さ、ずるさ、善意、愛らしさを通して、人間という存在をとらえようとする安部の戯曲。

キャストは男7 女4 +市民役6くらい

いろいろな劇団で公演されているようです。

笑いの要素はよくわからないけど『考えさせる』話だと思います。
戦争がからむので『泣き』の要素もあり。

リンクいろいろ貼っておきます。笑

2002年thirdstage
http://www.thirdstage.com/knet/yurei/pre3.html
ハイリンド(2007)
http://www.hylind.net/play20070801.html
ハイリンド・レビュー
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/0801232452.html
 

悪魔でも中立で…汗

 投稿者:将軍  投稿日:2009年 3月23日(月)20時15分57秒
返信・引用
  久々にこちらを見たらかなり濃い内容で話が展開されていたのでとても安心しました

先日浅田先生といろいろ話したんですが、台本決定の進度的には去年と変わらないそうなので大丈夫です
焦る必要は全くありません
むしろAが上演許可をとったのが驚異的スピードなわけであって、台本決定から上演許可をとるまでがものすごく時間がかかるようです
去年サトラレは夏になってもまだ台本編集をやっていたそうなんで今から焦る必要はないです
また浅田先生はじっくり考えるのが1番いいとも言ってました
というわけで終始一貫まだ時間はありますということを伝えるために投稿しました
皆さん頑張って下さい
僕も裏方頑張ります
 

Re;E

 投稿者:みつか  投稿日:2009年 3月20日(金)14時11分3秒
返信・引用
 
1・姫が愛したダニ小僧
2・8月のシャハラザード
3・嵐になるまで待って


1・飛行機雲
2・FANTASISTA
3・アヒルと鴨のコインロッカー

の申請が通りました。


脚本についての話し合いは24日と7日の午前午後で申請しました。
24日に各自作品を必ず1つ持ち寄り,話し合いをします。
24日に来れない人は掲示板に書き込むか直接委員の人にメールして下さい。

夢のひとのDVDは7日には配れるようにします。
 

D組は

 投稿者:高瀬  投稿日:2009年 3月20日(金)13時41分41秒
返信・引用
  昨日,「雲の上のひと」(?ちょっと題名自信ないけどそんな感じ)に決定したそうです。戦争物です。
ちなみにHは,一番候補だった「スイッチを押すとき」をGにとられてどうする?みたいな感じらしいですパー
 

レンタル掲示板
/4